頭を鍛える「ゼミテスト方式」により東北・学都仙台で医学部合格者を多数輩出!医学部・難関大受験に強い!

C.A.P.特訓予備校 - Creation and Action through Pen

平日9:00~19:00/日・祝9:00~16:30
022-264-2457

新年度入学案内

C.A.P.特訓予備校・新年度入学受付開始

受付開始期間
2020年2月1日(土)~
申込み特典

2月中の入学申込者限定で特典が付きます!

  • 入学金5万円免除
  • 入学決定者には自習室の開放・質問は無料で受付(全教科)

入学案内はこちら

C.A.P.の合格実績

  • ①創業1972年以来 医学部合格者1057名(2019年3月)

  • ②2019年3月、東北大(医学部)にC.A.P.生Y君が主席で合格!
    (2019年5月成績開示)

<国公立大>
東北大(医)、防衛医大(医)、山形大(医)4名、秋田大(医)他、
<私立大>
自治医大(医)、日本医大(医)、東北医薬大(医)6名、岩手医大(医)4名、
獨協医大(医)2名、北里大(医)、聖マリアンナ医大(医)2名など医学部へ24名の合格実績

何故C.A.P.予備校から合格者が数多く出るのか?

  • POINT1

    C.A.P.の学習システムは独自の“ゼミテスト方式”であり、白紙に答案つくる実践訓練を授業で展開。本番同様の記述訓練で二次型の書く力が伸び、学力アップ!

  • POINT2

    講師陣の吟味をしている(特に数学)。


    1. 森田康夫先生(公共財団法人数学オリンピック財団理事長、東北大学名誉教授) 毎週100分授業を実施、採点もご自身で行う。
    2. T先生(高校時代、二度の数学オリンピック日本一、東大理Ⅲ、京大理学部数学科現役合格、東北大学にて博士号を取得)当校では東北大対策数学を担当。

    数学科を始め、他科でも東北大学での各学科で学位(博士号)を取得した先生方が多く在籍し、現在も大学で講義をしている先生が中心となり授業を行っている。

  • POINT3

    毎月2回の模試の実施(共通テスト、二次型各1回ずつ)
    試験の範囲を決めて毎月テストされるので受験生は勉強のペースをつかみやすく頭を鍛える学習ができる。

  • POINT4

    進路指導の徹底を計る。受験生の弱点をさぐり、塾長自ら進路指導を担当している。

  • POINT5

    受験関係の資料を完備し、講師室でも生徒が質問しやすい雰囲気づくりをしている。

  • POINT6

    不得意分野の克服のための個別指導の充実。担当教員はC.A.P.で授業を行う先生が中心。

  • POINT7

    年に2回程度の成績検討会の実施。講師陣の講評や、教務課長からの評価、塾長の指導方針の再確認をおこなう。

  • POINT8

    卒業生の活躍がめざましい。国立大学での研究者として活躍する者も多く、大学教授などを数多く輩出していることから、彼らの学びの基本はC.A.P.で作られたと考えられる。

PageTop